新作「パイズリ男優オーディションvol.3 塚田詩織」を追加しました! こちらから

爆乳レイ 木下レイ

パッケージ画像

爆乳レイ 木下レイ

出演者 :

収録時間 :

90分

発売日 :

2005/01/28

品番 :

GAS-008

監督 :

A.T.

シリーズ :

ジャンル :

作品概要
新人女優にこだわる「GAS」がまたまた探し出した爆乳アイドル!!バスト108cm・Jカップ!特大ボインの「木下レイ」ちゃんが登場します!

「みんなの記憶に残るんじゃないかな・・・」と爆乳のカリスマ「高槻彰」監督を唸らせる逸材です。
GASでしか見ることが出来ないJカップ爆乳レイちゃんのパイズリ映像、ローションプレイの数々!
アングルにもこだわり爆乳を隅から隅までご覧いただけます。爆乳を愛する「GAS」だからこそ出来る極みの一品が完成しました。

AV編集後記

~ A.T.監督日記より引用~

人の紹介でレイと知り合ったのは2004年春だった。彼女が関西から来てすぐの時だった。撮影する機会はあったのだが、他の撮影で忙しく後回しにしていて、彼女との連絡はいつしか途絶えていた。彼女を紹介したある方から、逆に彼女の消息を訊ねられたことから、私がレイと接近することになる。

その頃、レイは地元関西に帰っていて、東京に戻って来るときに子猫をもらい育ててくれる人を彼女は探していた。地元で病弱な子猫を拾ったのだが、東京の部屋はペット禁止だったのだ。私が代わりにもらい育てることになったのだが、レイから子猫をもらい受けた翌日にその子猫は病気が元で死んでしまったのだ。レイと二人でその遺体を公園に埋めた。それから私とレイの付き合いが始まった。

レイは可愛い気のある女の子だった。男女の関係になることはあり得なかったけど、一緒にいても飽きなかった。その頃からだ「撮りたい」と思うようになったのは。8月になっていた。

「爆乳レイ」は今までの爆乳シリーズ中でわたし的には一番好きです。セックスシーンが少ない(一回)とお叱りを受けるかもしれませんが、気持ちのこもった作品になりました。ご覧になった方は木下レイを好きになるんじゃないかな。「みんなの記憶に残る女優になるんじゃないかな」(監督談)とコピーを入れました。

内容はいつもの私の爆乳シリーズ。

・イメージ  <豹柄がよく似合う娘だった>
・計測~ブラ着替え <鏡の前のレイは女の表情をしていた。私は女を感じるとドキッとする>
・揉みまくり <初めに撮ったシーンがこれ。恥ずかしがって感じられなかったけど、まあいいか。
 次のシーンにかけることにした>
・シャワー 
・オナニー <ようやく感じだしています。羞恥心が可愛い>
・ローションプレイ(腕ズリ) <胸の間に腕を挟んだ腕ズリがなんか良かった>
・脚剃り <脚が綺麗なので撮りました>
・接写パイズリ <わたしが好きなコーナーです。チンコの目線で撮っています>
・ソフトSM&セックス <激しく感じるレイを観て下さい>